根管治療Roots

Roots重度の虫歯を残すための治療

重度の虫歯を残すための治療

虫歯は悪化したら抜くしかない」――。これは、従来の虫歯治療ではやむを得ないこととされてきました。しかし近年では、虫歯菌に冒された神経・血管を取り除く根管(こんかん)治療によって重度の虫歯を残せるようになりました。

しかし根管治療は大変緻密で難しい治療であり、いかに適切に行えるかが重要になります。三軒茶屋の歯医者「三軒茶屋ふじい歯科」では、先端機器を備えて確実な根管治療を行っています。虫歯を悪化させてしまって悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

根管治療の精度を高めるために

根管治療の精度を高めるために

根管治療は、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経・血管を根管の中から取り除いた上で、内部をきれいに洗浄・消毒し、すき間なく薬剤を充填するという治療です。しかし根管はとても細かく、肉眼では見ることができない上に複雑に枝分かれしているため、治療がとても難しいとされています。内部に細菌が残って再治療が必要になるケースも少なくありません。

当院では数回(1、2回)で確実に根管治療を終えられるよう、次のような先端機器を導入して処置の精度を高めています。

  • 拡大鏡

    マイクロスコープ・拡大鏡

    複雑で細かい根管を、拡大鏡で拡大し、しっかり目で確認しながら処置を行うことで、確実な神経・血管除去を可能にします。

  • 歯科用CT

    歯科用CT

    事前に根管を歯科用CTで撮影し、枝分かれ・湾曲の状態を3D画像で詳細に把握します。正確な診断が可能になり、治療の成功率を高めることができます。

  • NiTiファイル

    NiTiファイル

    神経・血管の除去には、弾力性を持つ「ニッケルチタンファイル」を使用。しなやかに根管にフィットし、確実な除去を可能にします。

根管治療は、最後まで
根気よく続けましょう

根管治療は、最後まで根気よく続けましょう

根管治療はとても難しい治療であるため、どうしても治療回数が多くなり、期間も長くなります。そのため、最後まで治療を続けられずに途中で自己判断をして中断されてしまう方がおられます。しかしそれは、とても危険なことです。

根管治療を中断すると、根管の内部には細菌が残ったままになってしまい、さらに虫歯を悪化させてしまいます。そして最後には抜歯するしかない状態に……。根管治療は根気がいる治療です。そのことをよく理解し、最後までしっかり通院しましょう。

当院の根管治療法

根管治療にはいくつかの方法があり、歯の状態によって以下の中から選択します。

  • 抜髄(ばつずい)根管治療 

    抜髄(ばつずい)根管治療

    いわゆる「歯の神経を取る」治療です。虫歯が悪化すると、根管の中の神経・血管が虫歯菌に冒されて膿ができ、激しい痛みが生じます。またそれを放置すると神経・血管は死んでしまい、取り除かなくてはなりません。

    きれいに除去した後に根管の洗浄・消毒を行い、すき間ができないよう薬剤を充填して密封します。

  • 感染根管治療

    感染根管治療

    一度抜髄をした歯が、再び何らかの原因で感染し、歯根の先に膿の袋ができる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」が現れた場合に行う治療です。

    過去に詰めた薬剤を除去し、さらに深い部分に入り込んだ細菌を殺菌・洗浄する、難しい治療になります。

  • 歯根端(しこんたん)切除

    歯根端(しこんたん)切除

    感染根管治療でも根尖病巣が取り除けない場合に行う外科手術です。歯根の先端を切除して膿を取り除き、状態に応じて逆根管充填や人工骨の移植などを行います。