虫歯治療Treatment

Treatment患者さんの負担をできるだけ
抑えた虫歯治療

患者さんの負担をできるだけ抑えた虫歯治療

歯がしみたり痛みを感じたりして、「虫歯かも……」と思っていながら、治療が怖くてつい歯医者さんに行くのを後まわしに……ということはありませんか? 虫歯治療の痛みが苦手という方はとても多く、そのために虫歯を放置して悪化させてしまっているのが事実です。

三軒茶屋の歯医者「三軒茶屋ふじい歯科」では、虫歯に苦しむ方を一人でも多く救いたいと考え、痛みや歯のダメージが少ない治療法をご提案しています。もしかして虫歯かな?と気になったら、できるだけ早く当院までご相談ください。

麻酔時の痛みを抑える工夫

虫歯治療で痛みを感じるのは、「麻酔時」だという声が多くあります。そこで当院では、麻酔の際の痛みをできるだけ抑えられるよう、次のような工夫を行っています。

  • 電動麻酔器の使用

    電動麻酔器の使用

    通常の注射では、麻酔薬の注入速度にムラが生じ、その際に痛みを感じます。電動麻酔器は速度・圧力を一定に保てるため、痛みを抑制することができます。

  • 表面麻酔の実施

    表面麻酔の実施

    麻酔針が刺さるときには「チクッ」とした痛みを感じます。そこであらかじめ歯ぐきに麻酔薬を塗って麻痺させることで、痛みを感じにくくします。

  • 細い注射針の選択

    細い注射針の選択

    注射針が刺さるときの痛みは、針が太いほど大きくなります。当院では極細の針を使用することで、できるかぎり注射の際の刺激を抑制します。

「できるだけ削らない・抜かない」歯のダメージを抑える治療法

「できるだけ削らない・抜かない」歯のダメージを抑える治療法

虫歯になったら、「削る」「抜く」という治療をすることが当たり前だと思っていませんか? 確かに、従来の虫歯治療はそういうものであったといえます。しかし一度削ったり抜いたりした歯は元に戻すことはできず、再治療でダメージを重ねれば、神経を取り除く根管(こんかん)治療を行うことになり、歯を残せたとしてももろくなってしまう可能性があります。そして最悪の場合には失ってしまうことに……。

当院ではそのような事態を招かないために、「できるだけ削らない・抜かない」治療法を採用。歯のダメージをできるかぎり抑えられるよう努めています。

3Mix法
  • 3Mix法
  • 3Mix法
  • 3Mix法

3Mix法とは、薬剤を使って虫歯菌を殺菌する治療法です。具体的には、虫歯部分に3種類の薬剤を混ぜたものを詰め、詰め物・被せ物でふさいで歯の内部を無菌化します。そうすることで虫歯がそれ以上進行するのを防ぎ、結果として神経を守ることができるのです。

歯を削らずに治療できる上に痛みもなく、患者さんのご負担を大幅に軽減することができます。

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは、虫歯を無菌化する効果を持つ薬剤「ドックスベストセメント」を、虫歯部分を洗浄した上で塗り、詰め物をすることで「歯を削る」ことを回避できる治療法です。

深くまで進行した虫歯は、従来の虫歯治療では大きく削らなくてはなりませんでしたが、そうすると神経が露出して、いずれ取り除かなくてはならなくなります。そして神経を失った歯はもろくなり、歯の寿命を縮めてしまいます。

ドックスベストセメントを用いた治療は歯を削る必要がないため神経もそのまま残せるようになり、歯の寿命を延ばすことができるのです。

痛みを抑えるもっともよい方法……それは予防です
~定期検診に通いましょう~

痛みを抑えるもっともよい方法……それは予防です~定期検診に通いましょう~

近年、痛みを抑えられる虫歯治療法が登場していますが、それよりももっともよい方法だといえるのが「予防」です。歯科医院で定期的にチェックを受け、虫歯ができないよう専門的なメンテナンスを受けること、また早期発見・早期治療を可能にすることが大切です。

痛みは誰でも感じたくないものだといえます。予防処置を行い、痛みの軽減はもちろん、大切な歯の健康を守れるようにしていきましょう。