お子さんを歯医者嫌いに
しないためにHate

Hateご協力のお願い
~お子さんのスムーズな
歯科通院のために~

ご協力のお願い~お子さんのスムーズな歯科通院のために~

子供は、一度歯医者を嫌いになるとその後の通院が難しくなってしまいます。そうなると必要な治療ができなくなり、虫歯を悪化させてしまうなど問題が生じます。そのため、「お子さんを歯医者嫌いにしない」ことが大切になるのです。

お子さんを歯医者嫌いにしないためには、ご家族のご協力が欠かせません。こちらでは、三軒茶屋の歯医者「三軒茶屋ふじい歯科」が、ご家族にお願いしたいことをご紹介します。お子さんのスムーズな歯科通院のために、ご理解・ご協力いただけますと幸いです。

ご家族にお願いしたいこと

来院前には
嘘をつかない 「歯医者はこわい」
といわない
嘘をつかない 「歯医者はこわい」といわない
「今日は何もしないよ」「痛くないよ」などと、正しくないことをいわないでください。実際に治療をしたり、少しでも痛みがあったりすると、お子さんは「だまされた」と歯医者に悪いイメージを持ってしまいます。 悪いことをしたときなどに「歯医者に連れて行くよ!」などと、歯医者を脅し文句として使わないでください。お子さんは、歯医者を行きたくない場所と認識してしまいます。
心の準備を
させてあげて
機嫌のよい
タイミングを選んで
心の準備をさせてあげて 機嫌のよいタイミングを選んで
黙って歯医者に急に連れて行くようなことは、しないでください。お子さんにも心の準備が必要です。「明日は歯医者さんに行って、歯をきれいにしてもらおうね」などと、あらかじめ話してあげてください。 お腹が空く時間や、いつも昼寝をする時間に慣れない場所に連れて行かれたら、子供は不機嫌になりがちです。そのような時間は避け、ふだん機嫌がいい時間を見はからってお連れいただくようお願いします。
来院されたら
ご家族がまず
リラックスして
「痛くない?」と
聞かないで
ご家族がまずリラックスして 「痛くない?」と聞かないで
お子さんの歯科治療、心配でご家族の方が緊張する……これはよくあることです。しかし大人の緊張感は、お子さんにすぐに伝染してしまいます。まずはご家族がリラックスすることを心がけましょう。 お子さんが心配になって「痛くない?」とつい聞きたくなるかもしれません。しかしお子さんは、「痛い」という言葉に反応して泣き出してしまうことがあります。「痛い」という言葉には注意し、やさしく見守ってあげてください。
治療後には
いっぱい
ほめてあげて
次回の練習を
してあげて
いっぱいほめてあげて 次回の練習をしてあげて
もし泣いてしまったとしても、「よくがんばったね」「えらかったよ!」などと、たくさんほめてあげてください。お子さんの自信になり、「次もがんばろう」と思えるようになります。 お子さんを寝かせ、ご家族の方のおひざに頭を載せて口を開けるなど、次の治療の練習をしてあげてください。楽しく練習できれば、歯医者に行きやすくなるかもしれません。

楽しい通院にするための
当院の取り組み

当院ではお子さんに楽しく通院していただくために、次のことに取り組んでいます。

  • まずご家族にも安心していただけるよう、お子さんの治療・予防について正しい情報をお伝えします。
  • お子さんに安心感を与えられるよう、まずお友達になることから始めます。
  • 子供好きな、子供に慣れているスタッフがそろっています。
  • 治療には、ご家族の方に同席していただけますので安心です。
  • 治療前には、治療の雰囲気に慣れるためのトレーニングを行います。
  • 治療をがんばったお子さんには、ご褒美を用意しています。
  • 虫歯予防のためのフッ素塗布(無料)を、行っています。
  • 治療中もお子さんが寂しくないよう、当院ではユニット内にキッズスペースを完備しています。