治療で使うお水について!News

こんにちは!三軒茶屋ふじい歯科 衛生士の三觜です(*‘∀‘)

 

もう、1月も後半ですね。

新年会のシーズンもすぎて、やっとおちついてきた時期なのではないでしょうか?

皆さんは、この1月どうお過ごしですか?

 

私は、最近の休日は予定がなければ、家の近くの図書館に行って、本を借り、駅の近くのサンマルクで読書することが多いです。

サンマルクのチョコクロが大好きなんです(´-`).。oO

 

さて今日は、当院の治療に使用している「お水」について紹介したいと思います!!

 

当院にいらしていただいている方はご存知かと思いますが、三軒茶屋ふじい歯科では、治療の水に除菌水を使用しています。

 

普通の歯医者さんで治療中に使用している水の中には、雑菌がたくさん潜んでいます。歯を削ったり、歯石を除去する際に使用する器具の水が流れているチューブには、どうしても汚れがこびりついてしまうのです。

 

それは、どんな歯医者さんでも起こることで、しょうがないことなのです。ですが、雑菌が多い水で治療を行われているのは、やっぱり嫌ですし、心配になりませんか?

 

当院では、すべての治療用器具からでる水を除菌水にしています。

治療する水を無菌化することにより、治療の予後がよくなったりもします。

 

精製水の電気分解など、いくつかの工程を経て弱酸性にすることで、殺菌力を持つ水を作り出しています。

 

大事なのは、人体には安全ということ!

 

そして、この水を歯科治療に使われるすべての機器に流すことで、機器自体も常に清潔に保てるんです(*‘∀‘)

 

これからも身体に安全で、いい治療を提供できるよう日々精進してまいります!