子供のブラッシング・予防についてNews

 

こんにちは!三軒茶屋ふじい歯科 衛生士の三觜です(*‘∀‘)

 

 

 

最近、休憩時間にみんなでストレッチ&筋トレをしています(笑)

痛い痛い!!筋が切れる~(;´Д`)

と院長がいつも言っています(笑)

 

衛生士の福村さんは筋肉を付けるために体幹トレーニングをしています。きっと彼女は明日の朝、私に

ねえ、筋肉痛になったんだけど~(´-`).。oO

といってくるでしょう(笑)

 

 

さて、今日は子供のブラッシング、虫歯予防についてお話したいと思います!!

 

初めに乳歯についてお話したいとおもいます。

個人差はありますが、乳歯は生後半年頃から生えてきて3歳頃には全て生えそろいます。(全部で20本です)

6歳前後で下の前歯が抜けて大人の歯が生えてきて、12歳頃ですべての歯が大人の歯に代わります。(大人の歯は、親知らずを抜くと全部で28本です)

そして6歳と12歳頃に一番奥からも大人の歯が生えてきます。

この歯は、生え変わりで生えてくるわけではなく、歯肉を突き破って出てきます!(6歳臼歯、12歳臼歯と呼ばれることもあります)

 

この生後半年~12歳までの間は、歯がどんどん入れ替わっていくため、虫歯リスクにさらされる歯も変わってきます。

 

※この時期の子供が、自分の歯を自分一人で完全に磨くことはまず不可能です。

親御さんが責任をもって毎日仕上げ磨きをしてあげてください!!!

 

ではここからは、年齢別虫歯になりやすい部位、仕上げ磨きのポイントをお話していきます!

 

1.生後半年~2歳頃まで

 この時期は、哺乳瓶でミルクや、ジュースを飲ませる頻度が高いため、上の前歯の表側や歯の根元が虫歯になりやすいです。

point→上の前歯の表側をしっかり磨きましょう

 また、歯磨きを嫌がってしまう場合は、口の周りや、ほっぺなどを触ったりして口を触られることに慣れるよう少しずつトレーニングをしていきましょう。

 

2.3歳~

 3歳になると乳歯が生えそろってきます。

この時期は、歯と歯の間がとっても虫歯になりやすいです。(特に一番奥の歯とその手前の歯が虫歯になりやすいです。)

point→歯と歯の清掃に力を入れましょう

夜、歯磨きをするときはフロスの使用も必要になってきます。

 

3.6歳~

 6歳になると、6歳臼歯(一番奥から歯肉をやぶって大人の歯が生えてきます)ここがとっても汚れがたまりやすく、また奥で磨きにくいため、とっても虫歯になりやすいです。

また、乳歯がだんだん抜けて、永久歯に生え変わっていきます。(この時期を混合歯列期といいます)

混合歯列期は、歯磨きがとってもむずかしいです。

point→フロスは変わらずとおしてあげてください。

また、6歳臼歯が奥から見えてきたら、必ず小さい歯ブラシでしっかりブラッシングをしてあげましょう。

両親の行う仕上げ磨きでは、小さい歯ブラシ、もしくはワンタフトブラシを使うと細かく磨けますよ(/・ω・)/
 

 

 

 

 

 

 

4.12歳~

 この時期になると、すべての永久歯が生えそろってきます。

12歳臼歯が一番奥から生えてきますので、そこが注意pointです。

point→一番奥から永久歯が生えてきます。小さい歯ブラシで磨いてあげましょう。

 

一番は、12歳頃(永久歯がすべて生えそろう)までは仕上げ磨きをしてあげるとよいです

 

 

また、6歳臼歯、12歳臼歯が生えてきてきたら、歯医者で虫歯予防の処置を受けるようにしましょう!!

 

定期的に歯医者に通い、フッ素塗布やブラッシングの出来ていない場所をしっかり確認することも大切です(*‘∀‘)

 

毎日仕上げ磨きをするのはかなり大変だと思いますが、虫歯になりやすい場所を親御さんがしっかりと知り対応するだけで、虫歯のなりやすさは変わってきます!!

 

子供が歯で苦労しない未来を一緒に作っていきましょう!!

三軒茶屋ふじい歯科では、そんなご両親とお子様をを全力でサポートさせていただきます(´艸`*)