なぜ歯医者に通いたくないのか。News

 

こんにちは!三軒茶屋ふじい歯科 衛生士の三觜です!!

 

先日、歯医者に数十年行っていないという方にお会いしました。

(三軒茶屋ふじい歯科に通われている患者さんではありません)

 

私は、疑問に思ったことを素直に聞いてみました。

 

なんで歯医者に行かないんですか?

 

するとその方はこう言いました。

 

だって、歯医者に行くと、何個も虫歯が見つかっていやじゃん

 

と。

 

私は、確かにそれもそうだな~と思いました。

終わりの見えない治療は患者さんにとっては苦痛でしかないのだな。と

 

あと何回治療に来なければいけないのか

いつまで続くのか

今、どんな治療をしているかわからない

 

毎日の仕事や、育児が忙しく歯医者に割ける時間もあまりない人も多いと思います。

 

もちろん、しっかりと治療回数など説明している歯医者もありますが、説明していない歯医者が多いのも事実だと思います。

 

三軒茶屋ふじい歯科では初診時に、口の中のカラーの写真、レントゲン、歯周病の検査を行い、歯科医師から、治療の必要な場所や、回数などをしっかり説明させていただいています。

 

また、歯周病の治療は衛生士が主体となって行っており、歯周病の進行具合や、治療が必要な場合はどんな治療を何回かかるのか説明しています。

 

歯は、無くなってから大切さがわかるものです。

 

私は以前、訪問診療をメインで行っている歯医者に務めている時期がありました。

訪問診療では、老人ホームや、個人のご自宅に直接訪問し、患者さんの全身状態をふまえて口腔内の管理をすることが私の仕事でした。

元気な方から、意思の疎通ができない方、寝たきりの方、命の灯が弱い方、その中でたくさんの勉強をさせていただきました。

 

その時に、改めて歯の大切さに気が付いたのです。

 

認知症を発症し、入れ歯を食事を食べるための道具だと認知できなくなり、入れ歯を入れることを拒否するようになり、その後ミキサーでドロドロになったものしか食べられなくなって、栄養状態が悪くなり、命の危険にさらされてしまった方

 

飲み込みは問題ないのに歯がないために、普通の食事が食べられず、ごはんはおかゆ、おかずは柔らかく小さく刻まれたご飯を召し上がっていて、いつも普通のご飯が食べたいとおっしゃていた、元料理人の方

 

反対に、歯はしっかりしているから、なんでも食べられて、毎日の食事が楽しみなの~!!と笑顔で話してくれる方もいらっしゃいました。

 

歯が問題で、自分の食べたいものが食べられない方は、たくさんいました。

 

歯科衛生士としてたくさんの方の口腔内を見てきて、歯の大切さを分かっている私でも、その歯の大切さをうまく伝えられず、担当している患者さんが歯周病の治療の途中で来なくなってしまう。そんな経験をしたこともたくさんあります。

 

そんな時、私はいつも思うのです。

ああ、また守れなかった。歯を、人生を守れなかった。と

人生なんて大げさかもしれませんが、今までの経験を思い返すと、歯を守ることは、人生を一生を守ることだと思えるのです。

 

歯を磨きましょう!!

定期健診に通いましょう!!

など言葉で言うことはとっても簡単です。

 

三軒茶屋ふじい歯科のスタッフは、通って下さる方の事を真剣に考えています。みんな一人一人が自分の歯で一生美味しいご飯が問題なく食べられるように。

 

天然の歯は、一度失うと一生もどって来ません。

 

風邪のように元通りに戻りません。

だから、予防がとっても大事なのです。

 

 

熱く語りすぎて話がそれましたが。。

 

 

歯は、財産です。

ごはんを食べるのも、話すのも、笑うのも、全部口が必要です。

 

私の想いをこの場ですべて伝えるのは難しいですが、このブログを読んで、一人の方でも多く歯医者に行こうと思っていただける方が増えればうれしいです。